2017年05月08日

下北半島へ

ここ数年、恒例になっていますが、このGWも下北半島のサーフでサクラマスを追ってきました。
今回は、出発直後に大台達成!

1494244112192.jpg

ついに愛車の走行距離が30万キロを突破しました!
が、逆に寿命が迫り来るのを感じる今日この頃でもあります(苦笑)


5月3日

初日はゆっくり始動し、6時過ぎにキャスト開始。

30分後、ブルーバックの小型魚が足元までチェイスしてきました。
そして、次の一投でヒット!
おそらくは同一の個体だと思いますが、数秒ほどであえなくバラシ。
サイズ的にはウミアメだと思いたいのですが、体色的にはサクラマスのような気がします。

その後、アタリもなく、悔しいのであえて小型のウミアメということにしました。

この日は様子見。

そんなわけで、一気に50q北上します。

1494244110904.jpg

むつ市のキヤに行き、駐車券の交付を受けて午後の部開始。

1494244106771.jpg

時間帯もあるのでしょうが、こちらのサーフで夕マズメを過ごしても、魚っ気皆無。
おまけに釣り人も数えるほど。

朝のバラシのこともあり、このサーフには見切りをつけ、再度50q走り、翌朝に備えることにしました。


5月4日

前日バラシがあった場所で、4時にキャストを開始しました。

DSCN0436.JPG

確か、太陽が水平線から半分顔をのぞかせているタイミング。

リトリーブしていたジグが抑え込まれる感触に、ロッドを煽ります。
が、スッポ抜け。

一瞬だけ感じた感触から言って、アベレージサイズのサクラマスと断言できます。
尾びれが水面を叩いて浮かんだ波紋が忘れられません。

当然、以降はムキになってキャストを続けます。

ショートバイトを数度感じましたが、アワセる間もないまま、午前の部が終了しました。

そして16時、午後の部を開始します。

DSCN0439.JPG

完全に狙いは定まっています。
実は朝イチでバラシたすぐ脇に入っていた方はサクラマスを2本上げていました。
しかも、その方は前日も同じ場所で1本上げています。

とはいえ、一歩も動かない釣りも飽きますので、狭い範囲を行ったり来たりしながらキープキャスト。

18時6分、とうとうその時がやってきました。

ジグを交換しての1投目。
待ちに待ったアタリ。
そしてロッドに伝わる重量感。

1494244142712.jpg

この際、サイズに贅沢は言いません。
なんせ、丸2日がかりで手にした釣果。

35pしかなくても、海で釣ったのだからサクラマス!
まあ、尺ラマスといったサイズです(笑)

けっきょく、2日目は19時までキャストを続けてしまいました。


5月5日

この日も夜明け前、3時台よりキャストを始めます。

DSCN0440.JPG

8時半、ショートバイト1回のみで午前の部が終了。

午後の部開始は16時半。

全く異常ナシのまま、18時半に午後の部終了。


5月6日

この日の釣りは3時50分より開始し、9時に終了。
魚っ気は一切ナシ。

こんな展開になると、気力が萎えてきます。

以降の天気予報を考慮し、以上にて4日間の下北遠征を終了することにしました。

今回、下北半島に通い始めてから5年になります。
去年は時化ていたので例外として、それ以前はけっこう確実に海サクラをゲットできていたと思います。
が、今回は苦戦しました。

おそらくは、魚自体が例年より少ないこと。
タイミングが数日遅かったこと。
まさに狙っていたそのポイント付近で、夜間にコウナゴ漁がおこなわれていたこと。

そこいらへんが今回の貧果の原因ではないかと思います。

DSCN0429.JPG

とはいえ、ショアから狙うサクラマス・アメマスの釣りは独特の面白さがあります。
そんなこともあり、今回もやり切った感でいっぱいの私なのでした。


ロッド:ブランジーノ117MMH
リール:セルテート3500HD-CUSTOM(ハイギア仕様)
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb
ヒットジグ:またものP-boyジグバーチカル45g(ブラックバック)
posted by KIKU at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オーシャントラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

形にはなりましたが・・・

4月29日

今シーズンのサクラマスジギングはとうとう最終週を迎えました。

この日は小石浜の龍神丸さんhttp://yaplog.jp/yk-ryujin/
ブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/ともども右舷ミヨシに乗船です。

前回の釣行を踏まえ、一つ決めていました。
水が濁っていたらスイムライダーショートのグリーンゴールド!

ということで、私にしては珍しくジグを交換することもなく、朝イチから同じジグをシャクリ続けます。

船長が言うには、前日は9時半頃に1本目が出たとのこと。

なもんで、気長に勝負するつもりでした。
が、6時半過ぎに船中1本目が出ました。

続いて2本目。

しばし後。
7時過ぎのこと。

水深45m付近で私のロッドに待望の感触!!

しか〜し、ついさっきアイナメに騙されています。
最近サクラマスはご無沙汰なので、姿を見るまで魚種を特定できる自信がありません!
船長には、「なんだ?マス釣ったことないのが?」なんて聞かれてしまう始末です(大汗)

とはいえ、食い上げがあったり数度の突っ込みがあったり、おそらくは!といったところ。

慎重にリーリングし、リーダーまで回収したところで白銀の魚体が見えました。
ジグはマスの後ろ半分にフッキングしています。
どうりで引きがおかしいはず。

船長のタモ入れが一発で決まり、ホっと一息。

DSCN0423.JPG

3週間ぶりのサクラマスは2sあるなしのサイズでしたが、型に関係なく満足の一本。
心底ホっとしました。

以降は、2本目目指して気楽に釣りを続けます。

一方、マスをゲットしていないブンさんは、時間の経過に比例してプレッシャーが増している様子。

けっきょく、私が上げた頃までが1回目の時合。
10時半頃に2回目の時合が訪れた模様。

1522.png
(画像は船長ブログより拝借)

午前船は、船中8本でしたが、ヒットジグのカラーを見ると、明らかにグリーンゴールドに偏りがあったようです。


そして午後船。
ブンさんとはここでお別れ。
私は右舷ミヨシに陣取ります。

DSCN0425.JPG

正直、午後の部はノーコメント状態。
船中2本。
私は外道のアタリもないままお手上げでした。

ただ、底を取ると根掛かりする場所では、底を取らなければよいと思ったのは私だけなのでしょうか?
そもそも、マスジギングで底を取る必要はないと思うのですが、ベイトの反応がよかったのはストラクチャー回りだっただけに勿体ないと思いました・・・。

ということで、午後船はやはりのPBで18時近くに帰港しました。


4月30日

そして2日目に続きます。

当初の予定にはなかったのですが、代打で広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗らせてもらいました。

やはりこの日もあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とH野さんが同船です。

ハムさんは、前日に奇跡の1本をゲットしており、半端じゃない強運っぷりは健在の模様。

さて、この日は朝イチからタラ祭りになってしまいました。

船長はこれを嫌って大移動。

しかし、今度は魚っ気皆無。

DSCN0427.JPG

仕方なしに元のポイントに戻りますが、こちらも魚っ気がほとんど無くなっています。

そんな中であぶらハムさんが3.5sオーバーをゲット!!

期待が高まりますが、それも裏切られます。
強風が吹き始めた途端、ほとんどではなく魚っ気皆無(汗)

なんと、あぶらハムさんの1本のみでタイムアップ。

なんだか、あぶらハムさんの釣果には何かがあるとしか思えません(笑)

ということで、私のサクラマスジギング最終日も、あぶらハムさんのヒキの強さを目の当たりにして終わりました。

さてさて、今シーズンは最盛期を毎週海の上で過ごしたわけですが、自分の腕のなさを痛感させられました。
おそらく、上級者は私の倍くらいの確率でヒットさせていると思います。

ネタにしているあぶらハムさんにしても、運の要素もあるのでしょうが、決してそれだけではなく、技術と経験が伴っているからこその奇跡だと思うのです。

ということで、私のサクラマスジギングは、まだまだ課題が盛り沢山。
来シーズンこそは船長に安心してもらえるような釣果を上げたいものです。


ロッド:ホライズンSL
リール:リョウガ・ベイジギング1012PE-SHL
メインライン:PE1号
リーダー:フロロ16lb
ヒットジグ:スイムライダーショート100gグリーンゴールド
posted by KIKU at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

いつもどおりの


4月22日

この週末も広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗って
マスジギングやってきました。

今回もあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/が乗っていますが、旧友と一緒。
私の反対側に釣り座をかまえます。

そんなこともあり、今回私はH野さんの脇に位置することにしました。

いつも通り、5時半に出船!

DSCN0418.JPG

が、どうにも海の色が黒っぽい。
船長のアナウンスによると、この濁り水が入ってから釣果は下降線なんだとか。

それを意識し、マスが視認しやすそうなカラーのジグをシャクリ続けます。

7時半過ぎだったでしょうか?
なんとあぶらハムさんの友人にヒット!

船中1本目が出たことで、船内が安堵の雰囲気に包まれます。

が、続きません。

とはいえ、ひたすらシャクルしかないのもまた事実。

さらに1時間後。
あぶらハムさんが「キタ!キタ!」と雄叫びを上げました!

アベレージサイズを無事にゲットし、あぶらハムさんグループだけがホッとしています(汗)

あとは手を替え品を変え、色々やってみますがお手上げ状態。

とはいえ、H野さんのアイナメ祭りには驚愕でした(苦笑)

DSCN0420.JPG

そして午後便。
居残り補習です。

基本的に状況は、午前中とほとんど変わりありません。

しばしの沈黙の後、船長が北のポイントに移動します。
こちらは午前中も少しだけジグを落としたのですが、水の色があまりにも悪いため、速攻で諦めた曰くつきポイント。

まあ、どこでやっても状況が良くなるとは思えないので、こういう移動も仕方ない。
そう思っていました。

ジグを落として10分後、「上げてください」のアナウンス。

と、ここで左舷オオドモの方に回収ヒット!
ロッドの叩き方を見るに、ほぼ間違いなくママスの引き。

3sはありそうな立派なマスでした。

当然、船長も同じ場所を流し直します。
すると、タラやらアイナメやらで同船者のロッドが一斉に曲がります。

突然状況が変わりました。

そして、午後船2本目のマスも上がりました。

今がチャンス!
とはいうものの、なぜか私には外道のアタリもありません。

1本目を上げた方は、サクラマスに加えアイナメとタラを連発しています。
ジグはスイムライダーショートのグリーンゴールドを使用している様子。

業を煮やし、私も同じジグにチェンジしました。

水深65mほどのポイントですが、水深60mからワンピッチ。

なんと、水深40m付近でドスン!です。
それなりの重量感に加え、激しくヘッドシェイクしています。
しばし後、ラインを5mほど引きずり出されました。

ヒットの瞬間からすぐ脇で見ていた船長がタモを準備しました。

水が濁っているため、リーダーまで回収しないと魚種が判別できません。

慎重に慎重に巻き上げます。

で、白い魚体が見えました。
45pほどのアイナメです。

ハッキリ言って拍子抜け。
船長はガッカリした顔でタモを片付けました。

あとはしばしタラ祭り。

先日のことがあるので、最後の最後、ラストの回収まで集中していましたが、いつものとおり、パーフェクトボーズに終わりました。

私のサクラマスジギングは、来週末までの予定です。
果たして幸運の女神は私の元にやって来てくれるのでしょうか・・・。
posted by KIKU at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

やっちまった!!

4月15日

この週末も広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/でサクラマスジギングでした。
で、いつものとおり、あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とH野さんも同船しています。

DSCN0413.JPG

5時半に出船し、いつもの綾里崎沖で釣り開始。

開始早々、左舷オオドモにいたH野さんが1本目をゲットし、船中盛り上がりますが、その後は沈黙。

我慢の時間が続きます。

DSCN0411.JPG

そして突然、時合に突入。
胴の間からトモにかけての同船者のロッドが次々と絞り込まれます!
この時、H野さんは2本目をゲット!

左舷ミヨシに立っていた私とハムさんはまだまだ我慢。

H野さんは立て続けの3本目ゲット!!

私とハムさんは我慢我慢。

とはいえ、我慢しきれずにハムさんがH野さんに情報収集。
なんでも、ヒットゾーンは水深50〜60mとか。

最近の傾向であった水深40〜50mを意識していた私とハムさんにアタリがないのも納得です。

しかし、時すでに遅し!!

DSCN0416.JPG

こんな時に限って天気予報が当たります。
10時半頃から爆風が吹き荒れ波ザバザバ。

以降、アタリが途絶えたまま、ストップフィッシング。
午前の部が終了しました。

そして私とハムさんは居残り補習。
船から降りることなく午後船の釣りに突入です。

さすがに午前中の教訓を生かし、私は水深70m付近までジグを落とし、水深45〜65mを中心にシャクリました。

午後は完全に我慢の釣り。

DSCN0415.JPG

最低限、やるべきことを継続したうえで、如何にして運を引き寄せるか?という展開となります。

1時間以上経過した後、ポツポツペースでヒットが続きます。

そしてとうとうあぶらハムさんに待望のヒット!
しかし、オマツリでリーダーがブレイク・・・。
ところが、ミヨシに居た方のラインにバラシたマスの尻尾が絡んで、なぜかゲット(汗)

半端じゃない強運っぷりです(爆)

その後、更に運を引き寄せ2本目ゲット。

一方の私は、ひたすら我慢。
最後の最後まで我慢でした。

ラストの2流し。
突然タラの活性が上がります。
船中タラ祭りになってしまいました。

そんなこんなで日が傾いた頃、ついに船長より終了宣言が出されます。

あ〜あぁ、と思いながら、ジグを回収します。
半分やけになって、派手にワンピッチしてみます。

突然、ガツン!ときました。

水深45m付近。
さっきまでの状況を考えると、おそらくマダラのはず。
が、妙に引きが強いしグングンきます。

「まさかねぇ」なんてハムさんと話をしながら、強引にリールを巻きます。

20mほどラインを回収したところで、フっと軽くなってしまいました。

「ま、タラですよ。」
なんて言いながらジグを回収します。

これで済めば、私にマスを掛ける腕はなかった、のオチで終わったはず。

が、よくよく見ると、フックに鱗が付いています。
どう見てもマス(汗)
船長もマスの鱗と断言していました。

最後の最後にやらかしてしまいました。
色々な意味で私に運はなかったようです。

朝6時前から夕方までひたすらシャクリ続けてのパーフェクトなボーズ。
次回に向け、運を貯めていると思いたい今日この頃です。
posted by KIKU at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

悔しさが沸々と

4月8日

この日はいつものメンバープラスアユ仲間が小石浜に集結!

あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/、ぶんさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/、ニャンコさんhttp://blog.goo.ne.jp/kenneko1、Aさん、チャラさんの6人で
やまきゅう龍神丸さんhttp://yaplog.jp/yk-ryujin/に乗りました。

実は私、大船渡沖のサクラマスジギングは広進丸さんにしか乗ったことがないので、他の船がどんな釣りをさせるのか?興味がありました。

5時半に出発!

DSCN0399.JPG

この頃はみんな、期待いっぱい胸いっぱい!

6時前には綾里崎沖の水深75mラインで釣りを開始します。

が、しばしの間、沈黙。

次第に船内にイヤ〜な雰囲気が流れ始めますが、今シーズンは9時過ぎに船中1本目なんて経験をしているので、私的にはこんなもんと思いながら試行錯誤を続けます。

そして8時半過ぎ、私の隣のオジサンに船中1本目がヒット!

若干時間を空けて、次にヒットしたのはなんと私!

先週の教訓から仕入れたブルピンのぺブルスティック100gのインチキ1/2ピッチジャークに食らいついた直後、グルングルンきたので瞬時にサクラマスと判断できました。
サイズは42pと、スーパーヤマメサイズではありましたが、船中ほとんどアタリがない中、贅沢は言えません。

1489_large.png
※画像は龍神丸さんのブログより拝借 m(__)m

仲間内ではイチ抜けできて、一気に気楽になりました。

その後、船中でもう1本出ましたが、沈黙の時間がやってきます。
あぶらハムさんには2回バイトがあったようですが乗せきれず。

日が高くなり、そろそろ午前の部の終了を意識し出すころ、ありがちですが昼の時合いが訪れました!
仲間のロッドが次々絞り込まれます。

極めつけは、ニャンコさんに良型がヒット!


※顔出しマズい時は連絡願います(汗)

DSCN0407.JPG

10分近いやり取りの末、3.5sを手にしたのはお見事の一言!

DSCN0410.JPG

海で60pオーバーのサクラマスを手にしたことのない私には、うらやましいとしか言いようがありません。

既に仲間内6人中5人がサクラマスを手にし、私がほぼ最小サイズ。
しかも、ゲットから時間を置いているだけに、尻すぼみ気分です。

とはいえ、既に1ヶ月間、三陸のサクラマスと縁がない方もいるので、変なことは言えません。

と思っていたところ、ついにあぶらハムさんのロッドがガッチリと絞り込まれました!
水面までは順調に上がってきました。
が、残り5mほどで沖に走り、ローリングしている魚体が目に入ります。

で、無念のフックアウト・・・。

まさにこれぞサクラマス(汗)
こんなところがサクラマスは、川も海もショアもオフショアもおんなじです。

ということで、ストップフィッシング。

一旦港に戻ります。

そして30分後、船中の10人中3人だけを入れ替えて再出発。

13時には午後の部が始まりました。

ここからはなんと言えばよいのでしょう?

一流し目で大当たり!!!
ぶんさんの「キタ!」の声に振り返ると、あぶらハムさんのロッドまで曲がっています。
私は気づいていませんでしたが、チャラさんのロッドも曲がっていたのだとか・・・。

直後、私は隣とオマツリし、リーダーが切れてタイムロス。
やっちまったなぁ〜。
そんな思いで、ラインシステムを組み直します。
ここで焦ってもロクなことがないのは分かっているので、深呼吸しながら慎重に作業します。
ふと思って、ジグを交換しました。

デルタ105gを投入し、一度シャクリ終えてからの再投入。
1ピッチを繰り返し、確か水深40m付近だったと思います。
一気にロッドが絞り込まれました!

とはいえ、さほどの引きではなく、水深20mまでは普通に巻き上がります。

しかし突然、船底方向、自分の後ろ側に突っ込みました。
当然、腕を伸ばしてロッドを海中に突っ込み、ラインが船底に擦れないように対処します。

次の突っ込みはミヨシ側後方。
私は胴の間に立っていましたが、船長のアドバイスでミヨシ側に移動します。

ミヨシに移動後、数十秒ほど一進一退の攻防。
リーダーが見え、そしてラインの先にサクラマスの魚体が見えました。
結構な良型です!!

とはいえ、そんなにアマイものではなく、再度船底への突っ込み。
ここで片方のフックが外れるイヤな感触。

さらにトドメの突っ込み。

ここで軽くなりました。
久しぶりの大バラシ。

回収したジグのフックに、仲間のラインが2本絡まっていました。
明らかにこれがバラシの原因であったので、船長も「これはどうしようもない。仕方ないわ」と慰めてくれました。
確かに、魚が走った方向から言うと、オマツリを避けようがありません。
私も同感です。

今思えば、チラッと見えた魚体はアベレージサイズを遥かに超えていたような気がします。
実は私がバラした直後、4.5sをゲットした方もいたので、本当にそんなサイズをバラシてしまったのかもしれません。
とにかく、ここ数年間の釣りでは一番堪えるバラシになってしまいました。

以降、私はそのショックを引きずったまま釣り終了。

ちなみに、シーズン1本目を取ったハムさんは2本目を追加(汗)

総括してみれば、仲間内6人全員がサクラマスをゲットと、素晴らしい1日となりました。


4月9日

そしてまだ続くのです。

この日はいつもの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/のお世話になりました。

が、好調だった前日と状況は一変します。

とにかく渋い・・・。
久しぶりに激シブの単語が頭の中をよぎります。

ヤマセが吹いて寒さに耐えながら黙々とシャクリ続ける船内。
そして迷走を続ける広進丸。

11時を回ろうかという頃、ついに船長が大移動を決断します!

これには私も納得です。

結果、船長の賭けは結果が出ました。

とりあえず過程は置いといて、あぶらハムさんの奇跡のヒットは見事の一言です。

その後、いつもより1時間程の延長の末、船中1本のまま、ストップフィッシング。
自分としては、引き出しが少ないながらもやり切った感でいっぱいの釣りをさせて頂きました。

以上、未だにというよりか、時間が経てば経つほど悔しさ倍増。
その思いを晴らすため、次の週末に思いを馳せる釣行翌日なのです。


ロッド:ホライズンSL
リール:リョウガ・ベイジギング1012PE-SHL
メインライン:PE1号
リーダー:フロロ16lb
ヒットジグ:ぺブルスティック100gブルピン、デルタ105gシルバークラッシュグローベリー(BG-CUSTOM)
posted by KIKU at 23:05| Comment(8) | TrackBack(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする