2018年01月11日

初釣りはタラジギング

1月8日

このまま家で燻っていると、ダメ人間になる一方です。
そんなわけで、2018年の初釣りに行ってきました。

岩手県は広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/
マダラをジギングで狙ったのですが、タラをこんなに早い時期に狙ったのは初めてのこと。
ここ数日間の釣況と、子持ちはかなり手強いとの話を聞いているだけに、よくても数本と思っていたわけです。

早朝、港に到着したところ、既にあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とH野さんは準備完了。
明けましておめでとうございます!の挨拶をかわします。
他の同船者のほとんどが常連チックな方ばかりで、ハムさんたちに言わせれば、知らないのは8人中1人だけだったそうです(笑)

1515668184258.jpg

さて、6時過ぎに出船し、釣り開始後しばらくの間、船中誰にもアタリません。
もっとも、これまでの数少ない経験上、朝マズメは食いが悪いことを知っているだけに焦りはありません。

しばし後、ようやくアタリましたがポンダラです。
それでも、確か船中1本目だったのでホッとしました。

それからしばらく経ち、ようやくタラからの反応が良くなってきました。
入れ食いとはいきませんが、船中ポツポツとヒットが続きます。

私はコモジグ275g広進丸カラーでの連続ヒットに気分上々といったところ。

ところが、こんな状況はいつまでも続くことはありません。
いつの間にやらアタリが止まってしまいました。

そんな中、一人で爆釣していたのがあぶらハムさん。
8s以上あろうかというキク入りの大ダラを筆頭に、良型含め常にロッドが曲がっています。

薄々感じていたのですが、どうやらコモジグ・ギョロメD広進丸カラーが当たっている様子。
実は私も同じジグを使っていたのですが、根掛かりロストし手持ちがありません。
我慢できずに船長にお願いして船上購入となった次第です。

DSCN0792.JPG

すると、やはりこのジグは当たります。
最初の投入で久しぶりにヒット!
実はこの時、左舷側に居た4人全員がギョロメD広進丸カラーを使っており、同時に4人全員のロッドが曲がっていたのでした。

そんなわけで、初釣りは無事に終了。
予想以上の釣果に満足と相成りました。

DSCN0793.JPG

ロッド:ソルティガ60-3/4S・ジグザムVersionV571B-5
リール:ソルティガ4500・ソルティガBJ200SHL
ライン:PE3号・2号
リーダー:ナイロン60lb・40lb
ヒットジグ:コモジグ325g・275g、コモジグ・ギョロメD300g(全て広進丸カラー)
posted by KIKU at 21:36| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年のご挨拶!

DSCN0440.JPG

みなさま、明けましておめでとうございます。

2018年も釣りだけは妥協することなく一年間を過ごしたいと思います。
ということで、今年の抱負です。

アユについては、未だにシマノ・ジャパンカップセミファイナルの悔しさが忘れられません。
なので、ダイワかシマノ、あるいはその両方で地区予選を通過するのはもちろん、さらにその上に進出することを目標とさせて頂きマス。

続いて青物ジギングは、10s超を上げることが当面の目標。

次にサクラマス。
こちらは川・サーフ・オフショアと全ジャンルの制覇です!

その他、あいまいな話になってきますが、とにかく良い釣りをしたいものです。

それでは、これからの1年間、よろしくお願いいたします
posted by KIKU at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017シーズン総括

2017年も残すところあとわずか。

にも拘わらず、私の体には未だ夏の余韻?が残っています。

実は7月中旬以降、右肘が痛くて難儀していました。
さらに、何年も前から左手中指がいうことを聞かない状態になっていたのですが、痛みが走るようになってしまいました。
時期が時期ゆえ、我慢しながらアユを釣っていましたが、9月になると我慢の限界!
近所の整骨院に行ったところ、右肘はいわゆる「テニス肘」。
ググってみると釣り人にも多いとかで、フィッシングエルボーなる表現もなされてました。
それと、左手中指はいわゆる「バネ指」との診断。
以降、週2〜3回の割合で整骨院に通っていたのです。
整骨院においては、同一箇所で保険が適用されるのは3ヶ月間とかで、その期間目いっぱい通院し、日常生活を送る上では差しさわりない状態にまで回復。
しかし、今でも無理すると右肘に痛みが走りますし、左手は痛みはなくなったものの自由に動くと言い難い点は変わりなし。

そんなわけで、痛みを感じる度に夏を思い出すのです。

そんな下半期を過ごした2017年ですが、
釣行日数は、アユ47日間、アユ以外を川で2日間、オフショア17日間、ショアで11日間の計77日間と、昨年より1日少なかっただけでした。

問題はその中身です。
例年通り、季節順に振り返ってみましょう。

まずはタチウオ。
沼津で3日間、船に乗りました。

DSCN0354.JPG

状況が芳しくないことから、ジグングはオマケ程度でほぼ餌釣り(汗)
ここ数年間の経験で、なんとな〜く釣り方が分かってきたので、各日とも壊滅的釣果は避けられました。
とはいえ、年を経る毎に釣況は下降線ですので、2018年は沼津まで出向くか微妙なところです。

続いてマダラ。
釣行した2日間とも状況は芳しくありません。
今思うと、2017年はほとんどの海の魚種について、何かしら異変があったような気がします。

タラが終われば、春のメインターゲットであるサクラマス。

1489406220805.jpg

3月より、山形県の川が解禁となり、2週連続で2日間だけキャストしましたが、全くマスの気配を感じませんでした。
これはある意味、例年並みなのでしょうか・・・。

その後、我慢できずに青森県は津軽半島でショアからのキャスティングを2日間試みました。
しかし、こちらも全く生命反応ナシ!

サクラマスの初物を取ったのは、3ジャンル目のジギングでした。

1490615647829.jpg

ところが、3〜4月のほとんどの週末を海の上で過ごし、9日間シャクったにも関わらず、シーズン合計わずかに3本・・・。
川も海も釣れる確率がさほど変わりません(汗)。
しかし、釣る人は明らかに釣っていますので、まだまだ腕を磨かなければならないことを痛感しています。

例年通り、その後のGWは下北半島に向かいました。
こちらもタイミングが遅かったことと魚影に乏しく4日間かけて尺ラマス1本のみ。

こうやって振り返ると、海も川も関係なく、サクラマスは難しいことをあらためて感じます。

さて、マスからアユに移行するまでの間、ここ数年間はシロギスを狙っていましたが、2017年は週末度に波が高かったため、青物を狙ってショアジギングでした。

1496061242253.jpg

この釣りでは、主役の青物はともかくとして、アイナメの獰猛さに驚きました(笑)

こうしてアユに突入です。

DSCN0620.JPG

アユの総括は別途行いましたので、詳細は省きますが、型より数のシーズン。
数に拘り通したのは初めてのこと。

1500798424191.jpg

そして、未だにジャパンカップの1尾のキャッチングミスが悔しいことといったら・・・。
まあ、シーズントータルすれば、とにかく釣りまくった!の一言に尽きます。

問題はアユが終わった後の海況でした。

時化、シケ、しけ。

とにかくシケ続き。
11月から12月にかけて、全週末の出船が中止です(嘆)
船どころかオカッパリの釣りもままならず、アユ終了後はわずかに5日間しか釣りしていません。

DSCF1556.jpg

しかし、久しぶりの松島のハゼに趣を感じ、能代のブリは9s超!久しぶりのシーバスまとめ釣り!

DSCN0790.JPG

ということで、回数の割に満足のいく結果でした。

来たる2018年がどんな年になるかは分かりませんが、2017年があったからこその目標ができています。
こちらは新年の抱負として後日述べさせて頂きますが、まずは笑って年を越せることに感謝したいものです。

ということで、この一年間お世話になりましたみなさん、大変ありがとう&お世話様でした!
また来年もよろしくお願いいたします!
posted by KIKU at 19:36| Comment(0) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

悪足掻き

12月15日

GPV予報を見る限り、この日は凪、しかも弱風?
1週間前はそんなカンジだったので、翌16日に加え、わざわざ休暇を取ってこの日もジギングの予約を入れたわけです。

しかし、予報はどんどん悪くなり、最悪の風向きに。
けっきょくは出船中止になってしまいました。

とはいえ、波高だけなら釣り可能という判断の下、庄内サーフに向かったわけです。

1513597688807.jpg

しかし、完全に底荒れ状態。

6時過ぎから3時間ほどP-boyジグ45gをキャストしましたが異常ナシ。
前週のようにはいかず、あえなく納竿。

で、翌16日の出船も中止に。

まさに悪足掻きの週末となったのでした・・・。
posted by KIKU at 22:35| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

初冬の山形サーフ

12月10日

ここ数年、足が遠ざかっていたのが秋から冬にかけての山形サーフ。
前日予約していたジギングが中止になったこともあり、久しぶりに足を延ばしてみました。

キャスト開始はまだ真っ暗な5時半前。
前日、明るい時間に下見をしていましたので、ポイント的な迷いはほとんどありません。

しかし、開始から30分経過しても、ウンともスンとも言いません。

しかも、最盛期にはズラリと人が並ぶのが当たり前の土地柄なのですが、見える範囲で私含めわずかに3人。

不安を感じつつも、移動しながらのキャストを繰り返します。

そして、ふと思い、ジグを交換しながら釣りを開始した付近に戻りました。

そこでの1投目のこと。

キャスト後、糸ふけをとった時にはもうヒットしていました!
着水ヒットとは、サーフジギングならでは醍醐味です!

アワセをくれてやると、若干ラインがひきずり出されました。
重量感から言っても、けっこうなサイズのようです。

寄せるときには寄せ、耐えるときには耐えのやり取りを繰り返し、波打ち際に上がってきたシーバスは78pありました。

DSCN0776.JPG

正直、さほど期待していなかっただけに嬉しい1本です!

気を良くし、キャストを再開します。

そして10分後。
今度は残り30m付近でガツンと来ました。

首を振る感触から言って、さほどのサイズとは思えません。

強引に寄せ、一気にランディング。

DSCN0779.JPG

この日2本目は65pでした。

その後、気がつけば9時を回っています。
空腹を感じ、車に戻って一休み。

これで竿を畳むのは早過ぎます。

DSCN0787.JPG

数百m先のヘッドランドまで歩いていき、そこからキャストしながら戻ってくることにしました。

確か再開後の3投目のこと。

70〜80m沖のサラシの奥までキャストします。
すかさずリーリングを開始しますが、どう見ても浅すぎます。

しかし、こんな場所でガツンと来ました。
すかさずアワセましたが、波に揉まれて瞬時に軽くなってしまいます。

首を傾げながらリールを巻くと、やっぱり何かが掛かっています。
しかも、それなりに重量感があります。
さらに波打ち際付近でへばりつく様な感触。

寄せ波を利用し、無事にランディングに成功!

DSCN0785.JPG

1本目には及びませんでしたが、70p以上はある立派なシーバスでした。

で、この日はこれでは終わりません。

なんと再開後の1投目でまたまたヒットです(笑)

もう笑いが止まりません。
既に3本上げていますので、全てに余裕があります。

全く危なげなく4本目をゲットしました!

これだけヒットする状況であると、集中力が続きます。

全く飽きることなくキャストを続行し、予定通りに11時半に撤収しました。

実は、秋冬の山形サーフでシーバスをゲットしたのは実に7年ぶりのこと。
それなりの回数を通っていたにも関わらず、最近は釣れる気すらしなくなっていたのですが、釣れるときにはこんなもの。
久しぶりにこの釣りに自信が湧いてきました(笑)

DSCN0790.JPG

ロッド:ブランジーノ117MH
ライン:PE1.5号+リーダー25lb
ヒットルアー:P-boyジグバーチカル45g(ピンクとブラックで各2本)
posted by KIKU at 21:53| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする