2017年07月23日

ジャパンカップ東日本セミファイナル

7月22日

今回、まずは那珂川に辿り着くまでにドラマ?がありました。

前日、お昼前に濃霧の釧路を経ち、黒羽に到着したのは約12時間後。
総移動距離は、おそらく1,000q超え。
なんとかセミファイナルの地に立ったわけです。

入川順位の抽選結果は、けっこう微妙。

1500798461649.jpg

とにかく初戦をどうするかがキーポイントになりそうです。

それと問題なのは、前日からの濁り。
大会エリア直上の黒羽観光ヤナが重機を入れており、笹濁り以上の強い濁りが入っています。
当然、釣りに悪影響が出ることは必至ですし、立ち込むにも足元が見えずに苦労しそうです。


第1試合(7:10〜8:40)

Aエリアは上流側なわけですが、自分としては下見で良い印象を得ることができませんでした。
下見で唯一釣れたポイントも、ピンポイント過ぎて26番目の入川順位では絶対に入れません。

そんな訳で、高岩大橋のカミのカミの瀬肩に入りました。

濁りと時間帯を意識し、ほとんど立ち込まずにオトリを泳がせてみます。

なんと、開始10秒で1匹目をゲット!

これに気を良くし、期待しますが、やはり入れ掛かりにはなりません。
それでも、少しづつ移動しながら、バラバラの型の白いアユをポツポツ拾う展開。

気がついたら8時28分になっており、慌てて帰着点に戻りました。

移動含め1時間半と、自分としては過去最短の試合時間です。
息を切らして歩きながら、時間配分に気を配る必要があることをあらためて痛感しました。

検量結果は、オトリ込み7匹。
他もさほど釣れていた様子はなく、ブロック5位の数。

期待通りの展開に、希望を繋いで第2試合のエリアに車移動しました。


第2試合(9:30〜11:00)

今度は下流のBエリア。
こちらのエリアは、下見で好感触を得ていました。
ポイントにも迷いはありません。

入川のスタートの合図とともに、急いで一本松に向かい、
ほぼ予定通りの位置につくことができました。

狙いとしては、右岸から流心に立ち込んでの左岸の瀬脇狙い。

開始早々、私のシモの選手が左岸の超ヘチで掛けました。
一方、私にはアユからの反応はありません。

こりゃ読みが外れたか?
そう思いながら、徐々に下ります。

そうこうするうち、オトリを持ち上げた瞬間にビリアユが掛かりました。

なんとここでキャッチミス(泣)

オトリの養殖アユに対し、掛かりアユが小さすぎたため、タモに入らなかったオトリの重さで掛かりアユがタモから跳ね返って落ちていきました・・・。

とはいえ、開始10分ほどしか経っていません。
目の前にいた審判の方に向かって苦笑い。

気を取り直し、少しずつオトリを左岸側に誘導していきます。

最初の股下から膝下の流れに差しかかり、ようやく目印が飛びました。
なんとなく追って掛かったカンジです。

とはいえ、第2試合もポッツリ、ポッツリのペースでしかありません。

検量所まで距離があることから、20分を残して竿を畳みます。

今思うと、もう数分余裕があったような気がしますが、これは次回への教訓にしておきます。

検量結果は、オトリ込み6匹。
キャッチミス1回と、派手なケラレ1回がありましたが、この時点で過去のことは忘れることにしました。


第3試合(12:10〜13:40)

今度も下流のBエリアです。

実は、配布された豪華弁当を食べていたところ、途中経過が張り出され、第2試合を終えた時点で6位につけていることが分かってしまいました。
あの数でとは、正直意外。

どうやら、みんな相当苦労している様子。

そんな中で、第2試合は那珂川橋と給水塔の間で数が出たとの情報も入ってきました。
あの近辺の瀬も、下見では釣れる感がありました。
それと、次の試合には全国行きが賭かっています。

普通に釣っていては、他人を上回ることはできません。
他人より自信がある釣りでなければ、他人の上をいくことはできません。
後になって言われた言葉がピッタリ当てはまるのですが、余所行きの釣りはしないことを決意しました。

自分の釣りをやる!
そんな思いの下で釣りが展開できるのも、給水塔付近の瀬だったのです。

入川順位からも問題なく、給水塔前に陣取り、股上まで浸かって左岸ヘチを狙いました。
私の釣りを知っている人は分かると思います。
いつものパターンの展開です。

開始5分、1匹目が目印を飛ばしました。

さらに10分後、ビリアユがヒット。
今度は慎重にキャッチします(笑)

セミファイナルとなると、ポイントに余裕が出てきます。

給水塔からの流れに真ん中まで立ち込み、下っていきます。

シモの護岸カミ、アシ際で久しぶりに3匹目。
すぐシモで飛びつきの4匹目をゲット。

が、時間がかかり過ぎました。

残り15分。
給水塔カミの一番強い流れに5分間の勝負を賭けましたが、追加はならず。

結果、第3試合は平均よりも少ないオトリ込み6匹。

どうやら第3試合になって、チャラで数が伸びたようですが、後の祭り。
そもそも、ドチャラは眼中になかったですし、自分よりも上手い人がたくさんいるので勝負になりません。

こうして3試合が終わりました。

その後、発表された総合順位を見て唖然。
全国大会進出者とわずか1ポイント差の10位でした。

たら、れば、は言いたくないのですが、第2試合のあのビリアユをタモに納めていればおそらく・・・。
ジャパンカップは、試合が終わってしばらく経ってから悔しさが滲み出てくることを痛感しています。

1500798424191.jpg

ですから今は、来年こそはきっと!!の思い以外ありません。
これから1年間、自分の釣りの更なる向上を目指したいと思います。


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mコンポ0.05号+付糸0.35号
ハリ:ミニマム5.5号3本イカリ
posted by KIKU at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

小国川からの那珂川

諸事情により時間がないので手短に記録を残しておきます。


7月14日

某氏を小国川にご案内。
今シーズン初の上流部で釣りを開始したのは13時半過ぎ。
17〜20pの良型が25匹。
無事にガイドの役目を果たせてホっとしました(笑)


7月15日

前日よりもけっこうシモに一人で入川。
ラストのラストに良型が瀬で20連発!

DSCN0609.JPG

大満足の72匹でした(笑)


7月16日

お昼前に那珂川に到着。
色々見て回り、14時過ぎに竿を出すが、1回ケラレたのみ。
突然の雷鳴に、わずか1時間で強制終了(汗)


7月17日

さすがに2日目は真剣に下見します。
下流エリアはなんとかなる感触を得ましたが、上流エリアは困った状態。
28匹ゲットしたものの、下見で数は関係ありませんので・・・。
posted by KIKU at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ジャパンカップ、そしてマスターズ

7月8日

東北が解禁すると、いよいよ試合の時期となります。

自分的には、やはりダイワ鮎マスターズが本命。

ただし、例年と違うのが、前哨戦としてシマノジャパンカップにも申し込みしていました。
どうせエリアは両大会ともほとんど同じ。
マスターズの下見を兼ねた出場となります。

ということで、ジャパンカップ前日に小国川入りし、長沢堰堤から下流に向かって下見を開始します。

小国川は、解禁以降の増水により、アカがかなり飛んでいます。
とはいえ、新アカが付き出した状態。
伝え聞く限り、釣れるアユはオトリになるかどうかギリギリのサイズ。
どうにもならないサイズも多いとかいう噂です。

そんな情報を基に始めた釣りですが、野アユからの反応がありません。
小一時間ボーズ。

釣果は関係ないのが下見ですが、何が原因でそうなっているのか分析しようがない状況です。

車移動し、今度は砂利屋裏の中州周り。
散々歩き回り、2匹掛けて舟残り1匹。

なんとなく、アカ付きが悪いのと低水温の相乗効果が悪い方向に働いていることが推測できました。

さらに下流、経壇原。
アユを掛けることができたのは、残りアカのある分流周り。
やはり渋いカンジ。

そんなことで昼食後の午後は下流エリアです。

地形やアカ付きをあらためて見て回りますが、竿を出す気になるポイントは非常に少ないのです。

ってなことで、ラストに竿を出したのは国道の橋から鉄橋の大会エリア最下流部。

結果、国道の橋左岸の流れで好感触を得、下見を終えました。

一日の釣果は19匹。
釣果を度外視し、あれだけランガンしてこの数ですから、数は出そうです。
しかし、14pあると良型という平均サイズに閉口。
でも、そういう釣りになるという心構えはできました。


7月9日

シマノジャパンカップの予選は、7時に開始です。

DSCN0545.JPG

オトリ配布を決める抽選結果は、下流エリアの182番。

ほぼ最悪といってよいわけですが、空いている場所に入るしかないだけに、迷いが生じようがありません。

結果的に、前日好感触を得た国道の橋左岸の分流に入ることができましたが、他にも2人入っています。
分け前が3分の1になる法則が働いているのでしょう。
開始30分で2匹。
他の2人はもうちょっとだけマシなペース。

このままではジリ貧と判断し、放浪の旅に出ます。
ウロチョロした末、どこもダメだというのが分かっただけで、元の流れに戻ってきてしまいました。

たまたま、橋の下流が空いていたので、ここで竿を出してみます。

2匹、3匹と立て続けに出ました。
これだけ反応が良いと、色々な意味で(良い意味の)粘りが出てきます。
狭い範囲から、あっというまに10匹ほど追加することができました。
しかも、型はまあまあ。
どうやら竿抜けだったようです。

今度は再度橋のカミ。
ただし、工夫を凝らし、左岸から竿を出します。

ほんの15分程度で5〜6匹追加できました。

おそらく、予選は抜けたはず。
その判断の下、9時15分に釣りを止め、検量所に戻ります。

検量の結果は、思ったよりも釣れていた、のオトリ込み19匹。
なんと4位で予選通過!

続いての決勝。
決勝の2時間については、自分の釣りを貫き通しただけとしか表現できないのが本音です。

メタル0.05号に常時1号のタマ付け。
立て竿気味にオモリを吊り下げ、オモリの重さにオトリが仕方なしに付いてくるイメージ。
狙いは、オトリの自由にさせておくと入っていかない流れの筋。

時速10匹近くのいいカンジでアユが掛かります。

一通り釣り切った後は、他人が居なくなった場所に移ります。
掛かるペースが落ちる気配はありません。

2時間が経過し、決勝が終わりました。

DSCN0546.JPG

オトリ込み16匹。

DSCN0565.JPG

なんとなく表彰台は予感していましたが、まさか真ん中になるとは予想外。
変に気負わなかったのが良かったのだろうなぁ、と思います。


7月11日

そしていよいよマスターズ。

ここでカミングアウトしておきます。
心の奥底では連覇狙ってました。
1年前のマスターズ、一昨日のジャパンカップ、そして・・・。
本当にやれたら格好良すぎ(笑)
でも、その可能性があるのは自分だけなのです。

なんて欲を出していたら、案の定でした。

予選開始は、一ノ関のシモの瀬の最下流部。
新しい流れの右岸に入りました。

ピリッともしません。

業を煮やし、瀬尻にオトリを入れてみます。

すると、オトリが沈むか否かというところで、巨大な影が浮上し、一気に持っていかれました。
こんなときにサクラマス!(汗)
ザウルスのビデオにでも出てきそうな光景でしたが、非常にマズい!

シモにズリ上げ可能な岸辺があるのを確認し、やり取りしますが、10秒ほどで切れてしまいました。

開始30分で1アンダー。

さて困った。

深呼吸しながら考え、下流に向かいます。
当然、目ぼしいポイントは空いていません。

カスのような場所で竿を出してみますが、やはりカスポイント。
釣れる気すらしません。

けっきょく、国道の橋のシモに来てしまいました。
既に1匹残ったオトリは弱り始めています。

背バリとオモリでダマしダマし釣りを続けますが、無駄に時間が過ぎていくだけ。

間もなく9時。
残り1時間しかありません。
敗色濃厚とはまさにこのこと。

周囲の釣れ具合から判断し、瀬の芯からは好反応があるようです。

オトリは弱っているどころか色が変わり、ほとんど泳いでくれません。

強制的にオトリを沈めるため、何年振りかでワンタッチ胴締めを取り出しました。
もひとつおまけに、腹側に0.8号のオモリを装着したところ、なんとかオトリが沈んでくれました。

とりあえず、まだ釣りになっていることにホッとします。

そんな中、ふとした拍子に待望の感触。
ついに15pのアユをゲット!

本当に嬉しい1匹でした。

オトリが替わり、一気に展開が変わります。

なんと怒涛の入れ掛かり!
あれほど集中した釣りは10年に一度あるかないか。
そんな表現が相応しい1時間。

あまりの掛かりっプリに涙が出そうでした。
もはや何匹釣ったか分かりません。

こうして無事に予選を終えることができました。

検量結果は、オトリ込み15匹。
ボーダーラインの18匹には全く届かず予選敗退。

でも、過去の予選敗退と比べれば、よっぽどやり切った感はありました。

DSCN0567.JPG

とはいえ、一切の悔いなし!
また来年頑張ります!

ということで終わったマスターズ。
しかし、これぞ試合の醍醐味なのでしょう。
負けても止められませんね。

DSCN0574.JPG

竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:ミニマム5.5号4本イカリ
posted by KIKU at 06:13| Comment(4) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

東北解禁!そして三桁!

7月1日

いよいよ東北地方もアユが解禁しました。
釣行先をどこにするか悩んでいましたが、梅雨前線の動きから判断。
久しぶりに大遡上の話が伝わってきた米代川に向かいました。

気合を入れて4時に起床。
つりけん赤坂http://www.dplaza.ne.jp/turiken/さんで年券とオトリを購入し、5時半前に川に到着。

毎日新聞の記者がカメラを構えている前で6時より釣り開始。

が、期待に反して全く野アユの反応がありません。

竿3本分ほど釣り下りますが、根掛かりしたダケ。
記者は竿を構えているシーンだけで満足したのか、あっという間にその場を去ってしまいました。

釣り開始30分ほど経過し、大石裏のタルミでようやく1匹目。

しかし、期待とは程遠い掛かり方です。

さらに沖側の石裏にオトリを入れてみます。

ここで何やら掛かりましたが、アユではないことは明らか。
トルクのある動きで急瀬の中をカミに上っていきます。

せっかく手にしたわずか1匹の野アユのオトリを失うわけにはいきません。
30秒ほど精一杯のやり取りを続けます。

すると、突然軽くなりました。
オトリが無事なままでホッとします。
ハリには白い1p近くある五角形のウロコが付いていました。
おそらくはシーバスだったのだろうと思います。
どうりでアユの反応に乏しいはずです。

その後、忘れた頃にポツポツと数匹追加しますが、ダメダメムードの中で中央の中州に渡りました。

DSCN0525.JPG

そして急瀬の中でさらに数匹追加。

既に1時間が経過。

周囲に数人いる釣り人の竿は全く曲がりません。
実はこれでも私がトップ釣果独走状態・・・。
このままでは三桁どころか貧果が確定。

車移動も含め、次の展開を考えざるを得ない状況でした。

が、過去のパターンを思い出し、試しに中州のヘチのチャラにオトリを泳がせてみます。
こんな釣りをやって初めて気づいたのですが、ヘチではやたらとアユが跳ねています。

数分間、我慢していたところ、なんとかアユが掛かりました。
すぐに次が掛かります。
しかも、釣れるアユは黄色くて型が良い。

DSCN0524.JPG

これは!ってヤツです。
ついに辿り着きました。

ここから一気に展開が変わります。

ここ数年間、マイブームの玉付け立て竿引き釣り。
盛期に狙うような膝下から踝くらいのチャラで野アユが激しい追いを見せ、掛かると時にはジャンプ!
ポイントは広大です。
少しずつカミに上りながら、探り歩き、気がつけばお昼。

12時半に竿を畳み、カウントしてみれば、自分でも驚きの77匹!
時速12〜13匹ペースが続いたことになります。

小雨が降って肌寒いことから、空腹は厳禁な状況です。
既に三桁が見えたので、しっかりと昼食を摂ります。

14時前に釣りを再開。

まずは川を切りながら、腰くらいの深さの瀬肩を攻めてみます。
が、相変わらずというか予想通りというか、野アユからの反応はほとんどありません。

けっきょく、午前中と同じパターン。
中州ヘチのチャラを攻めることに。

午後になって風が強くなりましたが、釣れるペースは相変わらず。
といいますか、徐々にペースが上がります。

日が傾き、肌寒くなると、そろそろ終了を意識し出します。

17時15分、ラストの1匹を手にし、解禁日の釣りを終えることにしました。

午前中ほどでないにしろ、曳舟はかなりの重量感。
午後の部は3時間半ほどで55匹。

DSCN0530.JPG

一日合計132匹!

三桁達成は良いのですが、なんてこった!!なのです。
2010年の自己記録http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/388682220.html
と全くの同数(汗)
出発前は、密かに自己最高記録更新を目論んでいたのですが、1匹足りず、でした。

しかし、既に気力は尽きました。
腰も悲鳴を上げてます。
もう一度竿を伸ばす気もなく、まあ十分だ!の心境でつりけんさんに報告に行きました。

この日の三桁の要因としては、
ポイントや竿・仕掛けにほとんど迷いが生じなかったことにあると思います。

竿はいつもの8m、ただし穂先だけは過去の経験を踏まえ、チューブラーを選択しました。
ハリは日本海側で常用しているスピード系。
いつものように0.8号のオモリを100%装着でした。

そして、やはりポイント選択。
あの場所でチャラを狙う人はほとんどいません。
せっかくの大河での釣りですから、考え方は色々あるでしょうが、時期的なものもあるような気がしています。


竿:銀影競技SL80-M(カーボンチューブラー穂先使用)
水中糸:Mコンポヘビー0.05号+付糸0.4号
ハリ:エアースピード6.5号4本イカリ


7月2日

そして2日目。
基本的には初日の釣りで満足しています。

ゆっくり目の8時に本流に入りました。

が、やはり小雨に風。
20分間ほどオトリを泳がせましたが、全くアタリがありません。

速攻で風の影響が少ない支流への移動を決断しました。

まずは支流の支流。
今年はクマが多いので、民家近くのヘタレなポイントに入ります。

本降りの雨の中で震えながら竿を出すこと約2時間。
18匹釣ってこのポイントはネタ切れ。

昼食後、さらに下流に移動します。

以前は車で川のそばまで乗り付けることができたポイントですが、道に草が生えてふさがっています。
それでも、歩いて入る分には支障がなく、少々ヤブ漕ぎして13時より午後の部開始。

まずは入川点前のザラ瀬で釣り開始。

なんといきなり入れ掛かりの開始です。
ザラ瀬の波立ちすべてにアユが付いているカンジ。

DSCN0534.JPG

おそらく、今シーズン初めて竿が入るポイントだったのでしょう。

竿3本程度の範囲のザラ瀬から急瀬アタマの瀬肩でひたすら入れ掛かり!
オトリが底に落ち着いた瞬間、一気に1m以上目印が吹っ飛びます。
時には竿がひったくられるような強烈なアタリが続きます。
釣れるアユは平均18p前後の真っ黄色の三重追星。

これぞアユ釣り!という至福の一時でした。

しかし、幸せな時間にも限りがあります。

約3時間で一通り釣り切ってしまい、以降は痩せた白い小さなアユが掛かるのみ。

16時と早めですが、これを気に竿を納めます。

DSCN0537.JPG

午後の部は56匹。
繰り返しになりますが、まさに至福のアユ釣り。
幸せ度合いで言うと、正直言って2日目の方が上だったかもしれません。

とは言え、初日も幸せだったことには変わりなく、という贅沢な米代川釣行でありました。

DSCN0541.JPG

竿:銀影競技SL80-M(SMTチューブラー穂先使用)
水中糸:Mコンポヘビー0.05号+付糸0.4号
ハリ:エアースピード6.5号4本イカリ・スピード7号4本イカリ(キツイ流れのみ)
posted by KIKU at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

解禁の三面川

6月24日

ストレスが溜まる那珂川の釣りから解放されるには・・・。
ひたすらの入れ掛かりが特効薬なわけです。

そんな思いで解禁日の三面川に向かいました。

午前6時、3チラ・バカトルクの子弟コンビ、そしてあっくんと合流します。

不思議なことに、那珂川解禁よりも気合が入り、7時半前に釣り開始。

なんと開始5秒で入れ掛かりスタート!
瀬肩の竿1本の範囲で軽く30匹突破!

11時半頃に早めの昼食休憩。
40いったかな?と思いながら数えてみれば、52匹!

他のみんなも笑顔で楽しい昼食タイムを過ごします。

で、あと48匹釣れば三桁到達なわけですが、非常に困難との思いがありました。
なんせ、あまりにも多い人出に、目ぼしいポイントに入ることができません。

そんなわけで、あとは重箱の隅をつつきながら、二番アユを拾う展開になります。
けっこうバラシがありましたが、後になって思えば、ハリにもう一工夫必要でした。
(ハリ合わせは2日目になってうまくいきました)

そして16時、混雑を避け遅い大移動。

こちらでは急瀬で竿抜け狙いもオトリが持たずにマズイ展開になりましたが、なんとかオトリを繋ぎ、夕暮れ納竿となりました。

DSCN0516.JPG

けっきょく、午後の部は41匹追加。
一日合計93匹。

7匹足りませんでしたが、「なんとかそこまでもっていった」というのが正確な表現になろうかと思います。


6月25日

2日目は支流高根川を目指します。
5時台に川に立ちますが、あまりにも反応が薄いのです。

オトリが動かなくなったので竿を立てたら掛かっていた1匹と、オトリを引きづりながら移動していたら掛かった1匹。
ともに10pあるなしという、悲惨な結果。

いくら前日に三桁続出であろうとも、ここまで場荒れしているとお手上げです。

そんなわけで、ある程度竿抜けと釣り返しが見込める本流に逃げました。

こちらも最初は放浪の旅。

DSCN0515.JPG

周囲を探り歩き、もう駄目だ!ここを渡る前に竿を出そう。
そんな思いでオトリを泳がせたところ、黄色いアユが掛かりました。

あれ?と思い、渡らずに釣りを続行したところ、待ちに待った入れ掛かり!

DSCN0513.JPG

サイズはともかく、綺麗なアユばかりで癒されます。

そしてお昼。

この状況下で39匹追加できたのは幸運でした。

ここであっくんとお別れ。

残る3人で車移動。

結局、入れたのは前日と同じポイント。
前日と全く同じ場所を釣っても面白くないので、竿を出すことができなかった箇所のみ探ります。

前日、あれだけの釣り人がアユを抜きまくったわけですから、もはやまともな場所で好釣果は望めません。
最初から竿抜けを意識し、トイ状の流れや藪の下のみを狙います。

15時過ぎ、狙う場所が無くなってギブアップ。

2時間ほどで26匹追加できましたので、展開としては十分でしょう。

DSCN0521.JPG

2日目は合計67匹。
超場荒れしている上、雨模様で気温が上がらなかった割には満足釣果となりました。

この日は最初、バレが多かったのですが、さらに細軸のハリを選択することで、以降はハリ関係の
トラブル皆無。

ポイントとハリの選択。
これが決め手となった解禁2日目の三面川でした。

さて、来週からはいよいよ東北地方も解禁です。
おそらく、日本海側は例年通りの数が出るはずですから、今から釣行先に悩んでしまいます(笑)


竿:銀影競技SL80-M(SMTソリッド穂先仕様)
水中糸:Mステージ0.05号+付糸0.25号
ハリ:エアースピード6.5号4本イカリ(◎)、スピード6.5号4本イカリ(〇)
posted by KIKU at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする