2017年11月05日

能代ジギング!

11月3日

この秋、最初のジギングに行ってきました。

体を船に慣らさず、いきなり能代というのはかなり不安でしたが、
八竜丸http://www.hatiryumaru.com/top.htmに乗り込み、
ポイントのテリ場に着いてみれば、風は弱くて凪模様。

DSCN0760.JPG

ブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/も能代は久しぶりなので、気合が入っています。

色々あって、能代の船にしてはやや遅れて7時頃に釣りを開始しました。

ところが、魚探の反応の割には当たりません。
当たらないどころか、ジグを落とすと魚が避けていくのが分かります。

開始からしばらくは我慢の時間が続きました。

30分以上経過した頃、ようやく船中1本目。
続いて私にもヒットしますが、リーダーを掴んで抜き上げようとしたところでフックアウト。
大したサイズではないので気にしません。

開始1時間が経ちますが、状況は好転しません。
それは、船中全員同様です。

すでにジグをとっかえひっかえし始めている私。
信頼のP-boyジグ185g赤金を投入したところ、いきなりヒットしました。

思ったよりも力強い引きを見せることから、慎重にやり取りします。
そしてゲットしたのは5〜6sクラス。
これなら数が出なくても許せます!

この頃から、船中で徐々に当たり出します。
ジグを落とすと魚が避けていく傾向は相変わらずですが、
最初の投入でタイミングが合うとヒットに持ち込むことができるようになりました。

ブンさんも良型をゲット!

DSCN0766.JPG

早速、脳天締めからの神経締め、続いて血抜と美味しく頂くための作業に余念がありません(笑)

ただ、ブンさんが作業中に声を上げました。
なんと、ワラサの胃の中から出てきたのはオキアミだったのです。

そりゃあ魚探が真っ赤に映っているにも関わらず、当たらないわけです。

DSCN0767.JPG

その後も我慢の釣りが続きます。

そんなに潮が早くないことから、ジグを軽めのデルタ170gに交換しました。

水深80mの底を取り、ワンピッチを続けること20m
ジグの重さが無くなりました。
食い上げの当たりです!

イトフケを取り、アワセを2回くれたところ、ロッドが海面に突き刺さりました。
待望のブリクラスの重量感です!

スピードはないものの、ラインをジリジリ引きづり出していきます。

それでも、10mほどラインを回収したでしょうか?
ここで15mほど底に突っ込みました。
振り出しに戻ります。

そんなやり取りを続けること約5分。
残り20mまで上がってきました。

ここで魚が嫌がって、強い突っ込みを見せます。
両手でロッドを保持し、踏ん張りました。

で、ここで軽くなってしまいました。
なんとラインブレイク・・・。

リーダーがスイベル結束部やや上でブッツリ切れています。
強度が足りなかったとは思いたくない。
でも、切れた原因がよく分からない。
私的にはそんな不可解なバラシでした。

ちなみに、船長的には60lbじゃ話にならない!
次からは120lb持って来い!とのこと。
HP見た皆さんがどう判断するかは自由ですが、その後、PE4号に80lbリーダーを使用したところ、
あまりにも違和感があり過ぎて、けっきょくはPE3号+60lbリーダーに戻した私です。

これまでであれば、このような大バラシを演じてしまうとその日は終わりでした。

が、さすがは能代です。
ポテンシャルは半端じゃありません!

ふと思ってオンジジグ180gに替えてみました。

交換後、最初の投入からワンピッチ10mで違和感を感じました。
そのままワンピッチを続けます。
再びフっと軽くなりますが、ヒットに持ち込めず、さらに誘います。

そして3度目のアタリで乗った魚がデカかった!
少なくとも、重量感はさきほどのバラシと同等なカンジ。

実はこの時間帯、魚の活性が上がりつつありました。

私に続いて、隣のブンさんにもヒット!
さらに後ろの方からもヒットの声が聞こえてきます。

ブンさんの魚は比較的簡単に上がってきています。
それに比べると、私の方はかなり時間がかかりそう。

先ほどの教訓もあり、時間をかけて取ることにしました。

ジワリジワリと上がってきます。

ところが、今回も水深20m付近にワナがありました。

今度は別の人のライン(魚付き)とオマツリです。

なりふり構わずに船長に助けを求め、まずはブンさんの獲物を回収。
そしてオマツリを解いてもらいました。

この時間で落ち着けたのが良かったのだと思います。

障害がなくなったことから、あとは無理せずラインを回収し、無事にネットイン。

DSCN0763.JPG

本格的にジギングを開始して6年目。
ようやく手にしたブリクラスでした。

正直言って、これでこの日は気が抜けました。

とはいえ、これで止めるわけにもいかずに釣り続行。


11時を回る頃には魚の食い気が良くなり、飽きることなくワラサが掛かります。

DSCN0769.JPG

普通に5s超が掛かってくるのですから、そこはさすがテリ場といったところ。

結果、13時の終了までに10数本ゲットしました。
特筆すべき数ではないですが、なんせ最低3s、アベレージ5s超。
船中ほぼ全員が最大サイズが最低でも7sクラスを手にしています。
船長的には、最初はダメだったが、終わってみれば良い1日だったとのこと。

DSCN0770.JPG

帰港後に計量したところ、私の最大魚は9.2sありました。
船内最大は9.4s、他船では10sオーバーが出ていたようです。

あのラインブレイクが悔やまれますが、
今までこのクラスが掛かってもさほど勝負になっていませんでしたので、
得るものが大きかった釣りとなりました。

能代に行くジガーは、誰もが10s!といって沖に出ます。
私も、これまで大したサイズを釣っているわけでもないのに10s!といっていました。

しかし、それが現実のものとなる可能性は相当低い。
正直、これまではあまり現実味のないサイズでしたが、ようやくこの日の釣りをもって、現実の目標になったような気がします。

まずは一歩近づいた。
次回はきっと!
そんな思いに変わった晩秋の一日でした。

DSCF1556.jpg
(本画像は八竜丸HPより拝借)

ロッド:ソルティガHIRAMASA60S-F
リール:ソルティガ4500H
ライン:PE3号+フロロリーダー60lb
ヒットジグ:デルタ170g(赤金)・P-boyジグバーチカル185g(赤金)・オンジジグ180g(シグナルグロードット=レッドゴールドブルーグロードット)・スイムライダー200gなど
posted by KIKU at 17:18| Comment(0) | オフショア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

たまにはのんびりと

10月21日

あやうくアップするのを忘れるところでした。

実はこの日、仲間内で仕立船による仙台湾ジギングの予定でしたが、台風のために時化中止。

その代わり、松島湾内でマハゼ船に乗りました。

DSCN0758.JPG

本当は乗合船だったのですが、急遽設定した釣りモノだけあって、仲間以外の乗船者は皆無・・・。
けっきょく、I氏とF氏と私の野郎3人と雌豹とA女子の女性陣2人の5人だけで大きな船を独占!(笑)

この日乗った東北丸http://www12.plala.or.jp/thm/
以前、出港早々にやらかしてしまった船頭さん
http://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/article/407799252.html
だったので、ちょっと心配(汗)

しかし、ジギングと異なり、ハゼとなると、この船頭さんは年季が違いました!

DSCN0757.JPG

おまけに、女性がいるので大変機嫌がよろしい(笑)
最初は手取り足取りで色々と教えていました。

しかし、この女性陣は実はツワモノ。
雌豹はジギングで誰よりも頑張ってシャクリますし、A女史に至ってはアカムツ狙いで中深海ジギングをやっていて水深300mで400gのジグを操るのは日常茶飯事とのこと。

こんな2人ですから、最初から入れ食い!

DSCN0756.JPG

一方の男性陣3人は、なぜかアタリが少ないのです。

とはいえ、女性陣が盛り上がればみんな楽しいのが男のサガ。
お昼前、全員の餌がなくなるまでひたすらワイワイ言いながら釣り続けました。

結果、船頭が言うには、「なんだ?みんな上手いんだべや!」とのこと。

A女史の67匹を筆頭に、全員が夜のおかずには十分すぎるほどのお土産を確保。

DSCN0755.JPG

私は51匹ということで、数日間はハゼ天を堪能できることが確定しました(笑)
posted by KIKU at 22:01| Comment(0) | 釣り全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

2017アユシーズン総括

全てをアユ中心に生活していた日々が終わってしまいました。
日を追うごとに寂しさが募ってきています。

そうは言っても、この時期があるからこそ解禁の喜びがあるわけで・・・。

ということで、記憶が鮮明なうちに2017アユシーズンを振り返りたいと思います。

まずは月別釣果の集計です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
−6月−
 311匹/ 9日間、平均34.5匹/日( 297匹/ 9日間、平均33.0匹/日)
−7月−
 519匹/12日間、平均43.2匹/日( 184匹/11日間、平均16.7匹/日)
−8月−
 688匹/12日間、平均57.3匹/日( 356匹/ 8日間、平均44.5匹/日)
−9月−
 570匹/10日間、平均57.0匹/日( 547匹/13日間、平均42.1匹/日)
−10月−
  96匹/ 4日間、平均24.0匹/日( 105匹/ 5日間、平均21.0匹/日)

−合計−
2,184匹/47日間、平均46.4匹/日(1,489匹/46日間、平均32.4匹/日)

最高釣果 132匹(87匹)、最低釣果0匹(7匹)
最 大 魚 24cm強(未測定)・重量未計測(27.8cm・重量未計測)
(括弧内は2016年)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

DSCN0537.JPG

2017シーズン、とにかく特筆すべきは総釣果。
私のアユ釣り人生で初めて2,000匹を突破しました!

これまでの自己最高記録は2013年の1,652匹でしたが、
当時、この記録を更新するには仕事を辞めないと無理!と思っていたのです。
ですから、今後、この記録を上回るためには、全ての条件が整わないと困難と思われます。
むしろ、体力面のことを考慮した場合、生涯最高記録となる可能性も高いでしょう。

この記録を叩き出すことができた要因は、やはり私が赴く河川の天然遡上が良かったことが挙げられます。
そして、私の行動圏内が昨今のゲリラ豪雨による被害を免れる範囲まで広がっていることもあるでしょう。

2017年8月、私の地元の宮城県は連続降雨記録を更新し、日照時間があまりにも乏しいという天候でした。
当然、東北地方太平洋側河川のみで釣りをする限り、その影響を避けることはできません。

そんなことで、年券を買ったにもかかわらず、地元河川では一切竿を出さないという事態になってしまいました。

もっとも、数が釣れて万々歳!とはいきません。
天然遡上が良くても、そもそも遡上してきた稚魚が小振り。

DSCN0619.JPG

数が多くて育たない!の法則以前の問題で、もともと小さい稚魚が成長しても小さいものは小さいということに。
そこらへんが、シーズン最大サイズに現れていると思います。

なお、シーズン最低釣果はシーズン初日のことでしたが、やはり解禁初期の増水濁り時は難しいと思います。
なんせ、同じような条件でも8月12日の神通川ではアユの反応を得ていますから。
そうそう、7月16日の那珂川1時間ボウズはここでは無視しておきます(汗)


次は河川別釣果集計となります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
那 珂 川 371匹/17日間、平均21.8匹/日(451匹/20日間、平均22.6匹/日)
三 面 川 215匹/ 3日間、平均71.6匹/日( 90匹/ 2日間、平均45.0匹/日)
米代川水系 365匹/ 4日間、平均91.2匹/日(145匹/ 4日間、平均36.3匹/日)
最上小国川 664匹/12日間、平均55.3匹/日(514匹/11日間、平均46.7匹/日)
赤 石 川 112匹/ 2日間、平均56.0匹/日( 80匹/ 2日間、平均40.0匹/日)
神 通 川 409匹/ 8日間、平均51.1匹/日(200匹/ 6日間、平均33.3匹/日)
その他河川  48匹/ 1日間、平均48.0匹/日( 9匹/ 1日間、平均 9.0匹/日)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

こうやって見るとあらためて感じますが、相変わらず日本海側河川ばかりです(汗)

とはいっても、やはり那珂川で一番竿を出しています。
大会含め、2年連続で同じような平均釣果を得ていることを考えると、実は安定した釣果の出る河川なのかもしれません。

H290828-3.jpg

しかも、試合を絡めた釣りを集中して行っていることから、私個人的には色々と得るものがある川だと思っています。

それ以外の川、青森県から富山県まですべての県の主要河川で竿を出しているわけですが、
ぶっちゃけて言えば、どこも傾向は同じ。
型はイマイチも、とにかく数が多いということにつきました。

その中で、最上小国川が突出した釣行日数、そして釣果となっているわけです。

DSCN0567.JPG

7月は試合を意識していること、何よりも隣県に位置し、片道2時間要しないという利便性が大きいことなどが、その理由。
まあ、同じような釣果を得ることができるのであれば、当然の理由でしょう。

したがって、少なくとも2017シーズンの状況であれば、家から近ければ、どの川がメインになってもおかしくなかったはずです。

さてさて、一番もったいなかったのが米代川水系。

DSCN0524.JPG

本当に久しぶりに上流部にアユが溢れかえっていました。
アユの味以外の全ての要素がトップクラスにあるだけに、8月後半の豪雨さえなければ!と誰しも思ったはずです。

ということで、やはり2017シーズンもゲリラや集中と名の付く豪雨に泣かされました。
今後も温暖化?傾向が続く限り、一極集中的豪雨は避けられそうもありません。

そういった意味で、
大河川から極小河川まで、川のド芯からヘチまで対応可能な短竿への依存度は増すばかり。
今後、もうしばらくは、私のメイン竿は8mということになりそうです。

来たるべき2018シーズンに期待したいのは、やはり大河川での大アユ入れ掛かり。

201708176.JPG

やはり、記憶に残る釣りをするためには、型が伴っていないと物足りません!
そのためには、今の日本で一番難しいことかもしれませんが、とにかく河川状況と天候それぞれの安定を望みたい今日この頃です。
posted by KIKU at 21:05| Comment(5) | シーズン総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

シーズンラストも釣りは最盛期

ついにこの日がやって来てしまいました。
この3連休の釣りで私の2017アユシーズンは閉幕しました。

通常、この時期の釣りはアユの腹に子が入ることから、大人しい流れが狙いになるはずなのですが、そのパターンは嬉しい意味で崩れました。

最後の最後まで奔流を堪能できただなんて、那珂川とアユに感謝です!


10月7日

前夜からの雨は、午前中まで残りました。
この時期の雨は、アユ釣りには辛いのです。

ということで、自宅を出発したのは7時過ぎ。
那珂川に到着したのは10時半頃でしたが、3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/san_chira
とともに竿を出し始めた時には14時を回っていました。

ふと見ると、3チラさんは速攻で1匹目をキャッチしています。

こりゃ釣れるのか?
そう思いながら釣りを開始しますが、野アユの反応がありません。

徐々に釣り下ります。

けっきょく、この日の1匹目をゲットするまでに15分ほど費やしてしまいました。

で、その後も芳しくありません。

こりゃ困った!
そう思い、入川点前のヘチの石色が良かったことを思い出し、後ろを向いてヘチ際ギリギリを狙ってみます。

すると、間髪入れずに目印がフっ飛びました!
次もあっという間にヒットです!

これでピーンと来ました。

以降は、徹底してヘチを攻めます。
目の前をかなりの数のアユがギラギラと石をハンでいます。

飽きないペースで夕暮れまで釣れ続き、17時4分にラスト1匹をゲットし、この日は終了しました。

結果、実釣3時間未満で16匹と、良いペース。
ということで、初日にしてかなり満足。
翌日のことを考える必要もない心境(笑)

この日の夜は、鮎中毒の仲間みんなと納会という名の酒飲み。
けっこう遅い時間まで語りあっていたのでした。


10月8日

当然、2日目は余裕をもって目覚めます。
仲間とわいわい言いながら朝食をとります。

もちろん、釣り開始は遅い時間。

川を切り、対岸の瀬肩に立ったのは10時過ぎのことでした。

1507636422295.jpg

最初1匹目はすぐにゲット。

ところが、以降がなかなか続きません。
開始1時間ほどケラレやバラシが続き、アタリに対するゲット率は3割程度だったと思います。

どうやら、軽い針が合っていないカンジ。
思い切って、キープ7.5号にチェンジしました。

そしてようやくペースをつかみます。

1507636439082.jpg

股上まで瀬に浸かって踏ん張ります。
瀬の波立ちにオトリを送り込んだ瞬間、ロッドがひん曲がります。
思い切って竿を絞ると、飛んで来るアユは23p超!

こんなシーンが連続しました。
これを対面で見ていたturikenさんとMJさんは満足してくれたと思います。

午前の部は、24p超混じりで13匹と、効率の良い釣りでした。

そして午後は、午前中の対岸を狙います。

護岸の上に立ち、水深2mほどの絞り込みにオトリを沈めます。

上手いことオトリが落ち着く場所では、この日最大クラスが追ってくるのですが、なにしろ絞り込みの流れです。
掛かりアユを浮かせてから止める場所がありません。
1匹掛かる都度、竿2本ほど付いて下り、またカミに戻って釣り開始。

体力と手間暇を要しますが、釣りを楽しむという意味では満足度が大きい展開です。

DSCN0733.JPG

けっきょく、午後の釣りも13匹。

一日合計26匹にて、2日目が終了しました。


10月9日

ついに2017シーズン最終日を迎えました。

前週と同じ瀬に立つことにしました。

DSCN0739.JPG

この日も、この時期にしては絶好のアユ釣り日和。
夏を満喫したい釣り人がそこいらじゅうにあふれています。

で、シチュエーションは文句ナシであるものの、やはり最初は苦しみました。

前日同様、とにかくケラレやバラシが多過ぎです。

首を傾げながら、どんどん釣り下ります。

DSCN0736.JPG

これ以上下るのは、ちょっとコワイ流れになってきました。

ところが、ここからの流れがパラダイス。
明らかに竿抜けになっていました。

この流れですから、掛かりアユはオスメス関係なしに元気いっぱい!
メガトルクを遠慮なしに曲げないと、1歩も動かずに抜くことはできません。
シモに流して、なんてやっていると、ほとんど取れずに終わってしまいます。

3チラさんには遠く及びませんが、私なりに速攻で良型を抜く!という展開となりました。

DSCN0737.JPG

今度は右岸を向きます。

こちらでの1匹目が強烈でした。
掛かってもほとんど動かず、アタリに気づかなかったのが致命的でしたが、
竿を立てた瞬間、一気にシモに持っていかれます。

下ったところで一本瀬。
アユが止まる場所がありません。

掛かりアユは徐々に下ります。

しゃがんで踏ん張りますが、それでも抜けません。

けっきょくはバラシました。
が、ハリが折れてのバラシでした。

以降、今シーズン初めて8号のイカリを使用し、取り込み率8割くらいを維持できたと思います。

DSCN0744.JPG

黒いアユもいましたが、こんな真っ黄色のアユが未だにいるとは嬉しい限りでした。

私を気遣ってやってきた3チラさんとの昼食を挟み、15時に納竿。

1507635169883.jpg

やはり最大24p強といったところ。

DSCN0747.JPG

しかし、28匹でこのボリュームに十分満足。

思い残すことなく、2017シーズンを締めくくることができました。

DSCN0748.JPG

思い返せば、今シーズンは最初から瀬釣りを堪能。
瀬に始まり瀬に終わるという私好みの展開になったシーズンだったと思います。


竿:メガトルクU急瀬抜95(ノーマル穂先)
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.0号・7.5号・8.0号いずれも3本イカリ
posted by KIKU at 22:20| Comment(2) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

終盤の那珂川を満喫!

この時期になると、釣りが成立する河川が限定されてきます。
私にとっては、那珂川通いが復活する時期なのです。
ということで、シーズン終盤の那珂川で遊んできました。


9月30日

この時期はポイントが日替わりで、様々な情報が飛び交います。
ハッキリ言って、その日の情報以外は当てになりません。

自分のカンで選んだ瀬に立ち込み始めたのは10時過ぎ。

開始後しばらくは、野アユの反応がありません。
15分ほど経過し、ようやく1匹目を掛けますが、なんと底バレ。

掛かるアユが居ることにホっとしますが、バレるということは追いが悪いのでしょうから、プレッシャーになります。

それから更に15分ほど経ち、2度目の当たりを得、抜いたもののキャッチミス。
しかも、付糸が切れて掛かりアユどころかオトリまで失ってしまいました・・・。

とはいえ、那珂川です。
1,000円でオトリを3匹買っていますので、残り2匹とまだ余裕。

苦労しましたが、釣り開始1時間後にはプラスマイナス0に戻すことができました。

が、その次に掛かったアユがデカかった!

目印がカミに走り、竿を立てたところ、今度は沖に向かいます。
グラスリを絞りますが、その場で抜けそうもありません。
だましだまし岸に向かいながら竿3本ほど下ったところで掛かりアユが止まり、なんとか抜き上げます。

ホンの一瞬、掛かりアユが見えました。

明らかにデカい!
体高が半端じゃありません。
おそらくは25〜26pといったカンジで、今シーズン一番のサイズです。

そう思った瞬間、付糸が切れました。
バラしたのが悔しいのはもちろん、再びの1アンダーにガッカリです(涙)

未使用のオトリは残り1匹。
ちょっとヤバイ展開です。

ここで、なりふり構わず、背後の分流を目指しました。

なんとかプラス釣果になったのは、11時半過ぎのこと。
13時の昼食休憩時点でプラス9匹になっていたのは、けっこう頑張った部類かもしれません。

そして午後、竿をSLに取り換え、最初から分流に入りました。
この分流を一通り釣り、あとは本流をチョボチョボといった釣り。

午後の部は16匹ゲットし、合計25匹の一日でしたが、なんだか微妙な釣りの一日でした。


10月1日

10月最初の釣りは、支流合流点上流部の中〜下流部有名ポイント。

DSCN0723.JPG

肌寒い気温ではありますが、気持ち良い天気に心が躍ります。

この日は最初、SLを使用していましたが、3匹釣った時点で竿を交換しました。

20171001213858.jpg
(画像はバイアさん撮影)

なんせ3匹中2匹が23pクラス。
急瀬の核心部でこのサイズが掛かると、仕掛けどころか竿も持ちません。

竿と仕掛けの強度を2ランクアップし、以降の釣りは余裕をもった展開となりました。

DSCN0722.JPG

那珂川ならではの押しの強い急瀬に股上まで経ち込み、ベタ竿でオトリを引いていると、ガガガ!の感触の一瞬の後に、メガトルクがひん曲がります!

本筋の急瀬でアタリが止まれば、反対側を向いて岸寄りの筋に溜まっているであろうアユを狙います。

20171001213812.jpg
(画像はワンさま撮影)

こんな釣りを交互に繰り返しました。

結果、午前の部は良型揃いで21匹。

前日とは全く異なる好展開に気を良くします。

ところが、そうそう上手くいかないのが那珂川です。

場所移動後の午後の部は、わずかに5匹。

しかし、怒涛の急瀬の瀬肩で限界にチャレンジしての5匹なのです。
一日合計26匹と、前日より1匹多いだけなのですが、満足感は遥かに上。

大河川での限界の立ち込み、良型揃いと、単なる数釣りでは味わうことのできないシチュエーション。
さらには川で一緒になった宮ちゃん、バイアさん、3チラさん、ワンさま、ドン玉親分との語らいに満足の週末でした。


(ひ弱タックル)
竿:銀影競技SL80-J
水中糸:Mステージ0.1号+付糸0.4号
ハリ:パワーミニマム7.0号3本イカリ

(無理が効くタックル)
竿:銀影競技メガトルク急瀬95
水中糸:Mステージ0.15号+付糸0.6号
ハリ:キープ7.0号3本イカリ
posted by KIKU at 21:52| Comment(0) | アユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする